ページタイトル

00yジープチェロキー整備&納車!

<工場担当S・作業レポート>

00yジープチェロキー

お客様O様へ納車させて頂きました。

納車前整備の模様をお伝え致します。

DSCN3521

<作業内容>

・燃料ポンプ交換

・ウォーターポンプ交換

・マフラー加工(チェリーボム取り付け)

・タイヤ交換

DSCN3522

・燃料ポンプの交換を行います。

まずは、

燃料タンクカバーを外していきます。

牽引フックとタンクカバーのボルトを

緩めてカバーを外してから、

タンクを固定しているバンド2本の

ボルトを緩めて燃料ホースとコネクター

を外し、タンクを下ろします。

DSCN3523

DSCN3524

DSCN3527

DSCN3530

・燃料ポンプを固定しているフタの

部分はネジ式になっているので、

反時計方向に回して燃料ポンプ

を引き出します。

DSCN3532

DSCN3533

・燃料ポンプの組み換え後は、

外した逆の手順で組み付けていきます。

コネクターを取り付けて作動チェックを

行ってからと燃料パイプを差し込み

タンク固定バンド2本のボルトを締めて

取り付けたら終了です。

DSCN3541

・ウォーターポンプ交換

DSCN3593

・ラジエター上部のパネルを外してから

ラジエターファンとベルトを外します。

DSCN3568

DSCN3571

DSCN3575

・クーラントをラジエターのロアホースを

抜いて全て抜きます。

DSCN3578

・ウォーターポンプのプーリーの

ボルト4本を緩めて外してから、

ウォーターポンプ本体のボルトを

緩めていきます。

DSCN3584

DSCN3585

・固着をしているので、

マイナスドライバーなどを使い傷を

付けない様にこじって取り外し、

古いパッキンは全て剥がします。

DSCN3587

DSCN3589

DSCN3563

・ガスケットには念のため液状ガスケット

を薄く塗ってから取り付けます。

DSCN3591

DSCN3592

・今回はサーモスタットも交換しました。

DSCN3580

DSCN3582

DSCN3581

・エンジンベルト、ファン類を

組み付けてクーラントを注入して

完了です。

DSCN3594

DSCN3566

・マフラー加工(チェリーボム取り付け)

交換をするタイコ部分を切り外します。

DSCN3543

DSCN3544

・マフラーの太さを合わせるために、

ハンマーで叩いて車体側のマフラーと

合うように調整を行いました。

DSCN3548

DSCN3547

・溶接で取り付けを終了後、

マフラーハンガーの取り付けを行い

耐熱塗料を吹き付けて終了です。

DSCN3557

DSCN3559

DSCN3560

その後、フロントブレーキローターを

ドリルド&スリットローターに交換を

行ってから、

各部の最終チェックを行い全ての

整備を完了しました。

 

O様、

末永く楽しいアメ車ライフを送って

頂きたいと願っております。

今後のメンテナンスや整備など、

どうぞお気軽にお声をお掛け下さいませ。

この度は、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 


画面上に戻る