ページタイトル

98yキャデラック・コンコース エンジンマウント、フロントブレーキパッド交換!

 

<工場担当S・作業レポート>

S様のお車

98yキャデラック・コンコ―ス

エンジンマウントと

フロントブレーキパット交換のため、

ご来店頂きました。

CIMG0263

交換を行う新品部品です。

CIMG0295

CIMG0285

CIMG0304

ロア側のエンジンマウントから

交換します。

交換の際にエンジンを持ち上げるため、

上部のエンジンマウントを

外しておきます。

CIMG0269

CIMG0268

作業スペースの確保のため、

ファンも取り外します。

CIMG0271

ファンを外すとロアエンジンマウントの

土台ステーのボルトが見えるので、

2本のボルトを緩めます。

CIMG0274

次は、

下側の土台ステーの取り付けボルト

2本も緩めていきます。

CIMG0277

後はエンジンを持ち上げるため、

交換を行うマウント以外の2つの

マウントのボルトを緩めて、

フリー状態にしてからジャッキを使って

エンジンを持ち上げて作業を行います。

CIMG0292

CIMG0276

土台ステーごと外に出す事は

出来ないので、

この状態のままエンジンマウントと

土台ステーを固定してある

2本のボルトを緩めて、

新品と交換を行います。

CIMG0281

CIMG0282

エンジンマウントの交換を行い、

外した逆の手順で組み付ければ

ロア側のエンジンマウントは終了です。

CIMG0290

次はアッパー側のエンジンマウントの

交換です。ボルトを2本緩めれば

外すことができます。

CIMG0300

ボルトをしっかりと締めて

取り付け終了です。

エンジンマウントは見た目では

分かりにくいガタやゴムの劣化などが

ありますので、

定期的なチェックが必要です。

CIMG0303

次はフロントブレーキパッドの交換です。

CIMG0307

キャリパーを外して全体の洗浄を

行ます。

CIMG0314

CIMG0312

各部にブレーキグリスを塗りながら、

新品パッドを組み付けます。

CIMG0317

キャリパーのピストンを専用工具を使い

押し込みます。

CIMG0318

キャリパーも各部グリスのを塗って

外した逆の手順で組み付けて終了です。

CIMG0320

S様、

遠方からお越し頂きまして、

この度もありがとうございました。

 

 


画面上に戻る