ページタイトル

69yシボレー・カマロ ブレーキマスターシリンダー&ブースターとその他周辺パーツの交換!

<工場担当S・作業レポート>

K様のお車、

69yシボレー・カマロ

ブレーキマスターシリンダー、

ブレーキブースターなど、

その他の周辺パーツ交換のため、

お預かりさせて頂きました。

DSCN9887

(今回交換を行う部品)

・ワイパーモーター

・ブレーキマスターシリンダー

・ブレーキブースター

・プロポーショニングバルブ

 

まずは、

ワイパーモーターの交換を行います。

(赤い〇印の部品です。)

DSCN0572

ワイパーモーターを取り付けている

3本のボルトを緩めてからモーターを

ずらして、

ワイパーの駆動軸とモーターが

繋がっているので、

ナットを緩めて切り離してから、

モーターを取り外します。

DSCN0575

完全に動力を失ったモーターと

今回取り付ける新しいモーターです。

DSCN0579

DSCN0574

ワイパーモーターの取り付け後、

モーターに電力を送る配線などが

入っているメインハーネスや

ワイパースイッチが、

非常に弱っていた事もあり、

今回は配線を引き直して新たにスイッチを

追加してワイパーを作動させる様に、

作業を行いました。

DSCN9877

DSCN9878

DSCN9880

DSCN9882

DSCN9885

次の作業は、

・ブレーキマスターシリンダー

・ブレーキブースター

・プロポーショニングバルブの交換を

行います。

DSCN0485

プロポーショニングバルブと

マスターシリンダーを外していきます。

DSCN9711

右側の物が、今回取り付ける

新しいプロポーショニングバルブです。

DSCN9710

年数によってかなり固着していましたが、

何とか外れました。

DSCN0487

DSCN0488

次はブレーキブースターを外していきます。

先に室内側のブレーキペダルとロッドを

繋いでいるピンを外して分離させます。

次にエンジンルーム側から

ブレーキブースター本体を取り付けている

4つのナットを緩めて外します。

DSCN9692

DSCN9695

ブレーキブースターの外れた部分は、

錆なども出ていたので防錆力の高い

スプレーを使い塗装を施しました。

DSCN9704

外した逆の手順で、

新品のブレーキブースターと

マスターシリンダーを取り付けていきます。

DSCN9701

DSCN9709

新しいプロポーショニングバルブを

取り付けるためには、

新しい部品の配管位置にパイプラインを

合わせる必要があるので、

足りない部分は専用工具を使い、

1本のパイプから全て作り直して

取り付けを行います。

DSCN9712

DSCN9713

DSCN9716

DSCN9715

DSCN9723

DSCN9724

DSCN9725

出来上がったパイプの取り付け角度などを

微調整しながら組み付けを行っていきます。

オイルラインの各部の取り付けネジに

緩みがあるとオイル漏れの原因になるので、

確実に締め込みを行います。

DSCN9899

DSCN0494

最後にブレーキオイルの

エア抜き作業を行い作業終了です!

 

ご紹介が遅くなりまして、

申し訳ございません。

今後も何かございましたら、

お声をお掛け下さいませ。

K様、

この度もありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


画面上に戻る