ページタイトル

00yジープチェロキー整備&納車!

<工場担当S・作業レポート>

00yジープチェロキー

お客様O様へ納車させて頂きました。

納車前整備の模様をお伝え致します。

DSCN3521

<作業内容>

・燃料ポンプ交換

・ウォーターポンプ交換

・マフラー加工(チェリーボム取り付け)

・タイヤ交換

DSCN3522

・燃料ポンプの交換を行います。

まずは、

燃料タンクカバーを外していきます。

牽引フックとタンクカバーのボルトを

緩めてカバーを外してから、

タンクを固定しているバンド2本の

ボルトを緩めて燃料ホースとコネクター

を外し、タンクを下ろします。

DSCN3523

DSCN3524

DSCN3527

DSCN3530

・燃料ポンプを固定しているフタの

部分はネジ式になっているので、

反時計方向に回して燃料ポンプ

を引き出します。

DSCN3532

DSCN3533

・燃料ポンプの組み換え後は、

外した逆の手順で組み付けていきます。

コネクターを取り付けて作動チェックを

行ってからと燃料パイプを差し込み

タンク固定バンド2本のボルトを締めて

取り付けたら終了です。

DSCN3541

・ウォーターポンプ交換

DSCN3593

・ラジエター上部のパネルを外してから

ラジエターファンとベルトを外します。

DSCN3568

DSCN3571

DSCN3575

・クーラントをラジエターのロアホースを

抜いて全て抜きます。

DSCN3578

・ウォーターポンプのプーリーの

ボルト4本を緩めて外してから、

ウォーターポンプ本体のボルトを

緩めていきます。

DSCN3584

DSCN3585

・固着をしているので、

マイナスドライバーなどを使い傷を

付けない様にこじって取り外し、

古いパッキンは全て剥がします。

DSCN3587

DSCN3589

DSCN3563

・ガスケットには念のため液状ガスケット

を薄く塗ってから取り付けます。

DSCN3591

DSCN3592

・今回はサーモスタットも交換しました。

DSCN3580

DSCN3582

DSCN3581

・エンジンベルト、ファン類を

組み付けてクーラントを注入して

完了です。

DSCN3594

DSCN3566

・マフラー加工(チェリーボム取り付け)

交換をするタイコ部分を切り外します。

DSCN3543

DSCN3544

・マフラーの太さを合わせるために、

ハンマーで叩いて車体側のマフラーと

合うように調整を行いました。

DSCN3548

DSCN3547

・溶接で取り付けを終了後、

マフラーハンガーの取り付けを行い

耐熱塗料を吹き付けて終了です。

DSCN3557

DSCN3559

DSCN3560

その後、フロントブレーキローターを

ドリルド&スリットローターに交換を

行ってから、

各部の最終チェックを行い全ての

整備を完了しました。

 

O様、

末永く楽しいアメ車ライフを送って

頂きたいと願っております。

今後のメンテナンスや整備など、

どうぞお気軽にお声をお掛け下さいませ。

この度は、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 


98yリンカーンナビゲーター 仕上げ作業中!

<工場担当S・作業レポート>

98yリンカーンナビゲーター

仕上げ作業中!

DSCN3333

*日々着々と進行中の作業を

紹介していきます。

・ボディーはツートンカラーを同色の

ホワイトにペイント!

DSCN3222

DSCN3223

DSCN3225

・オープン状態をキープできず

抜けてしまっていたダンパーも

フード、リヤゲート共に交換しました。

DSCN3471

DSCN3468

・ヘッドランプもレンズが

白く濁ってしまい見た目の仕上がり

状態にも影響が出るので新品に

交換しました。

DSCN3603

・グリル、ドアミラー、アウターハンドルに

新品のメッキパーツを取り付けました。

DSCN4011

DSCN4013

DSCN4014

・エンジン関係では点火コイル、

イリジウムプラグ、EGRバルブの交換を

行いました。

DSCN3664

DSCN3665

・ナビゲーターは一番奥の7番、8番が

特にスペースが無いので、

交換に時間がかかります。

*(実際にコイルが固着してしまい

抜くのが大変でした。)

DSCN3684

・点火プラグを抜いて、

プラグを外す前には必ずエンジン内部

へのゴミの進入を防ぐため、

エアーガンを使いプラグ周辺のゴミを

飛ばしてからプラグの交換を行います。

DSCN3683

*点火不良を起していた4番のプラグは

真っ黒に汚れていました。

DSCN3674

DSCN3667

・これで点火コイルとプラグの交換は

終了です。

DSCN3680

・次にEGRバルブの交換を行います。

とても熱がかかる場所でもあり、

ボルト類は焼き付きを起しているので

ボルトを切らないように注意が必要です。

*交換を行う前日などに注油をしておくと

良いと思います。

DSCN3991

DSCN3989

・案の定、ボルトは固着を起して

簡単には外れませんでした。

DSCN4001

・今後の交換も考えて、

取り付け時には焼き付き防止剤を

塗布して組み付けました。

DSCN4000

・エンジンのバラツキも無くなり、

安定したアイドリングと加速が可能に

なりました。

*今後は足回りとブレーキ関係の

交換を予定しておりますので、

引き続きお伝え致します。

お客様に満足して頂ける車にする為、

時間をかけて仕上げておりますので

気になる方は、

どうぞ宜しくお願い致します。


07yキャデラックエスカレード オイル交換!

M様のお車、

キャデラックエスカレード

オイル交換のため、

ご来店頂きました。

DSCN3709

<作業模様>

・今回はオイルを抜いて添加剤の

注入を行う作業を致しました。

DSCN3710

DSCN3711

DSCN3713

・オイルを抜いた後、

添加剤は遅効性で洗浄効果がある物を

使いました。

DSCN3715

M様、

この度もありがとうございました。

 

 


08yトヨタ タンドラ ブレーキパット交換!

<工場担当S・作業レポート>

I様のお車、

08yトヨタ タンドラ

ブレーキパット交換のため、

お預かり致しました。

DSCN3605

・フロント、リヤブレーキパット交換!

DSCN3627

・今回はセラミックタイプの

ブレーキパットに交換します。

DSCN3628

・フロントブレーキパット交換は、

キャリパーを外さずにピン2本を

引き抜いて交換が出来るタイプです。

DSCN3642

・パットの残量は限界でした!

DSCN3641

・ピストンを専用工具で押し込んでから

各部にグリスを付けて外した逆の

手順で組み付けます。

DSCN3644

・リヤブレーキはキャリパーを外して

洗浄を行い専用工具を使って

ピストンを押し込んでから組み付けます。

DSCN3648

DSCN3650

DSCN3657

・他にもスキャナーランプ、バックカメラ、

ドライブレコーダ-の取り付けも

行いました。

DSCN2916

DSCN2923

DSCN2928

・バックカメラの取り付け。

DSCN2770

DSCN2775

・純正のバックドアハンドルへ

カメラサイズの穴を開けて取り付けます。

DSCN2778

・カメラを取り付けたら配線をバックドア

から室内のナビモニターまで

サービスホールなどを使いながら、

取り回しを行いました。

DSCN2780

・バック信号はテールランプの

バックランプから取ります。

DSCN2918

・ドライブレコーダーは小型で画像も

綺麗に録画できる物を取り付けました。

DSCN3661

DSCN3662

 

I様、

この度もありがとうございました。

 

 

 

 

 


99yシボレータホ オイル交換!

<工場担当S・作業レポート>

A様のお車、

99yシボレータホ

オイル交換のためお越し頂きました。

DSCN3034

・今回はエンジン内部の洗浄と

エレメント交換を行い添加剤の注入を

行います。

(作業模様)

・洗浄剤を注入して

アイドリングを15分行います。

DSCN2999

・洗浄剤の効果もあり、

やはりオイルは汚れています。

DSCN3030

・エレメントを交換して添加剤を注入し

作業は終了です。

DSCN3028

DSCN3031

・A様、

この度もありがとうございました。

 

 

 


画面上に戻る