ページタイトル

03yキャデラック・エスカレード車検&整備!

<工場担当S・作業レポート>

H様のお車、

03yキャデラック・エスカレード

車検と整備のため、

お預かり致しました。

DSCN9180

<整備内容>

・ハブベアリング左右交換。

・サイドブレーキシュー交換。

・スプリングサスペンション

 コンバージョンキット取り付け。

・エンジンオイル交換。

——————————————-

ハブベアリングの交換です。

ブレーキキャリパーとブレーキローターを

外してからハブナットを緩めます。

DSCN9081

DSCN9083

ハブベアリングは裏側から、

3本のボルトで固定されています。

この時点でABSセンサーの配線類は

外しておきます。

DSCN9084

ボルトを緩めてハブベアリングを

ドライブシャフトから抜いて外します。

固着して外れにくい時は、

ドライブシャフトのネジ山にキズを

付けない様にハブベアリングの周辺を

ハンマーで叩くと外し易くなります。

DSCN9085

新品のハブベアリングです。

DSCN9087

外した逆の手順で左右同じく

組み付けを行い作業は終了です。

DSCN9088

DSCN9089

リヤ・サイドブレーキシュー交換。

DSCN9093

キャリパーとブレーキローターを外して、

ブレーキシューを外してみると・・・。

DSCN9098

2箇所に付いているはずのシューが

1つしか有りませんでした。

DSCN9099

新品のサイドブレーキシューです。

DSCN9096

各部の洗浄とグリスの塗付を行ってから

外した逆の手順で組み付けを行い、

作業終了です。

DSCN9102

スプリングサスペンション・

コンバージョンキットの取り付けです。

(リヤ用)

DSCN9132

(フロント用)

DSCN9141

リヤ側の純正エアサスのエアバックには、

穴が開いてしまっており、

機能はしていない状態です。

DSCN9130

純正エアサスに付いているカプラーと

エアホースを外してから、

上下のボルトナットを緩めて

取り外します。

この時にジャッキを使って

取り付けボルトが簡単に抜ける様に

下から持ち上げて調整をします。

DSCN9134

DSCN9135

スプリングサスペンションの

取り付け時にもジャッキを使って

調整しながら組み付けます。

DSCN9137

フロントサスペンションもリヤと同じ

要領ですが、

上部の取り付けがナット締めになります。

DSCN9143

ナットを緩める時は、

ボルト部分が一緒に回ってしまうので、

専用工具で固定をしてナットを緩めて

外します。

DSCN9145

DSCN9146

新品のショックに付属のブッシュ類を

取り付けて組み付けを行います。

DSCN9149

フロント側もジャッキを使い

テンションの調整を行いながら、

ナットとボルトを締めれば完成です!

DSCN9150

DSCN9151

エンジンオイル交換。

(洗浄剤)

DSCN9121

(エレメント)

DSCN9125

(添加剤)

強力なエンジン内部のコーティングと

オイルの漏れ止め効果があるものを

使用しました。

DSCN9127

他にはフロントバンパーの

リペア塗装の作業もさせて頂きました。

 

H様、

遠方は東京都からお越し頂きまして、

誠に有難うございます。

今後も何かお力になれる事が

ございましたら、

お待ちしておりますので、

どうぞ宜しくお願い致します。

この度も有難うございました。

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

画面上に戻る