ページタイトル

02yトレイルブレイザー・パワステオイルクーラー交換!

<工場担当S・作業レポート>

K様のお車、

02yトレイルブレイザー

パワステオイルクーラーの交換を

行いました。

DSCN9304

パワステオイルクーラーの交換は、

バンパーを外しての交換になります。

まずは、

ボルトはバンパーの上部の1本のみで、

後はプラスチックのクリップが

バンパー上部と下側にあるので、

外していきます。

DSCN9271

DSCN9273

DSCN9277

DSCN9302

バンパーが外れ下側に見えるのが、

パワステオイルクーラーです。

今度はオイルクーラーの下側に

付いているプレートを外します。

DSCN9283

DSCN9290

左右に付いている計6本のボルトを

緩めて外します。

DSCN9291

パワステオイルクーラーのINとOUTの

ホース2本を外して本体を外します。

DSCN9297

DSCN9292

錆が原因でオイル漏れを

引き起こしていた様です。

フロントの一番前で、

しかも下側に付いているという事もあり、

とても錆やすい部品です。

DSCN9293

後は新品のパワステオイルクーラーを

外した逆の手順で組み付けを行い

フロントバンパーを取り付けて行きます。

DSCN9268

最後に交換の際に抜けた分の

パワステオイルを補充して作業終了です。

DSCN9298

K様、

この度もありがとうございました。

また、

現在お預かりしております

エスカレードは今しばらく

お時間を頂いてしまいますが、

どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 


03yキャデラック・エスカレード車検&整備!

<工場担当S・作業レポート>

H様のお車、

03yキャデラック・エスカレード

車検と整備のため、

お預かり致しました。

DSCN9180

<整備内容>

・ハブベアリング左右交換。

・サイドブレーキシュー交換。

・スプリングサスペンション

 コンバージョンキット取り付け。

・エンジンオイル交換。

——————————————-

ハブベアリングの交換です。

ブレーキキャリパーとブレーキローターを

外してからハブナットを緩めます。

DSCN9081

DSCN9083

ハブベアリングは裏側から、

3本のボルトで固定されています。

この時点でABSセンサーの配線類は

外しておきます。

DSCN9084

ボルトを緩めてハブベアリングを

ドライブシャフトから抜いて外します。

固着して外れにくい時は、

ドライブシャフトのネジ山にキズを

付けない様にハブベアリングの周辺を

ハンマーで叩くと外し易くなります。

DSCN9085

新品のハブベアリングです。

DSCN9087

外した逆の手順で左右同じく

組み付けを行い作業は終了です。

DSCN9088

DSCN9089

リヤ・サイドブレーキシュー交換。

DSCN9093

キャリパーとブレーキローターを外して、

ブレーキシューを外してみると・・・。

DSCN9098

2箇所に付いているはずのシューが

1つしか有りませんでした。

DSCN9099

新品のサイドブレーキシューです。

DSCN9096

各部の洗浄とグリスの塗付を行ってから

外した逆の手順で組み付けを行い、

作業終了です。

DSCN9102

スプリングサスペンション・

コンバージョンキットの取り付けです。

(リヤ用)

DSCN9132

(フロント用)

DSCN9141

リヤ側の純正エアサスのエアバックには、

穴が開いてしまっており、

機能はしていない状態です。

DSCN9130

純正エアサスに付いているカプラーと

エアホースを外してから、

上下のボルトナットを緩めて

取り外します。

この時にジャッキを使って

取り付けボルトが簡単に抜ける様に

下から持ち上げて調整をします。

DSCN9134

DSCN9135

スプリングサスペンションの

取り付け時にもジャッキを使って

調整しながら組み付けます。

DSCN9137

フロントサスペンションもリヤと同じ

要領ですが、

上部の取り付けがナット締めになります。

DSCN9143

ナットを緩める時は、

ボルト部分が一緒に回ってしまうので、

専用工具で固定をしてナットを緩めて

外します。

DSCN9145

DSCN9146

新品のショックに付属のブッシュ類を

取り付けて組み付けを行います。

DSCN9149

フロント側もジャッキを使い

テンションの調整を行いながら、

ナットとボルトを締めれば完成です!

DSCN9150

DSCN9151

エンジンオイル交換。

(洗浄剤)

DSCN9121

(エレメント)

DSCN9125

(添加剤)

強力なエンジン内部のコーティングと

オイルの漏れ止め効果があるものを

使用しました。

DSCN9127

他にはフロントバンパーの

リペア塗装の作業もさせて頂きました。

 

H様、

遠方は東京都からお越し頂きまして、

誠に有難うございます。

今後も何かお力になれる事が

ございましたら、

お待ちしておりますので、

どうぞ宜しくお願い致します。

この度も有難うございました。

 

 

 


00yクライスラー・300M パワステ・タイロッド交換!

<工場担当S・作業レポート>

T様のお車

00yクライスラー・300M

タイロッド交換のためお預かり致しました。

DSCN8987

ステアリングのタイロッドにガタが

出ていたため、タイヤのガタつきと、

異音が出ていたので交換を行います。

交換作業はエンジンルームから

行います。

作業スペース確保のため、

ワイパー周辺パネルと

エアクリーナーボックスを外します。

DSCN8978

DSCN8958

DSCN8957

上から覗くとパワステユニットに

ボルトで固定されているタイロッドが

見えます。

〇印の部分にガタがあるので、

ロッドごと交換を行います。

DSCN8959

今回は、

リペア用ボルトと交換を行うので、

左右分のボルトを外します。

DSCN8960

タイヤ側のタイロッドのボルトも緩めて

外します。

DSCN8961

上が新品部品です。

DSCN8963

ブッシュが破損しておりました。

DSCN8983

DSCN8982

左がリペア用ボルトです。

DSCN8967

外した逆の手順で組み付けを行い

終了後、

足回りの調整を取り直して完成です。

DSCN8974

この他にも、

エンジンオイルの交換を行いました。

T様、

この度もありがとうございました。

 

 

 

 


04yシボレー・トレイルブレイザー点火系交換!

<工場担当S・作業レポート>

I様のお車

04yシボレー・トレイルブレイザー

点火系交換作業のため、

お預かり致しました。

DSCN8945

今回はエンジン始動時に

点火不良が原因によって起こる

アイドリングや加速時での

エンジンのバラつきの修理を行います。

 

<交換内容>

・イグニッションコイル

・点火プラグ

DSCN8926

DSCN8927

まずは、

エアクリーナーボックスを外して

作業スペースを作ります。

DSCN8943

点火コイルは10㍉ボルト1本で

固定されているので、

ボルトとカプラーを外して

上に引き上げると抜くことが出来ます。

DSCN8929

DSCN8931

DSCN8932

イグニッションコイルを全て外し終えたら、

今度は点火プラグ交換です。

DSCN8939

DSCN8936

点火プラグはかなり消耗しており、

限界が来ていました。

DSCN8938

点火プラグとイグニッションコイルは、

外した逆の手順で組み付けを行います。

DSCN8941

DSCN8942

エアクリーナボックスを組み付けて、

作業終了です。

交換後のエンジンはアイドリングや

加速時など、

とても力強くスムーズな吹け上がりに

なりました。

I様、

この度もありがとうございました。


07yキャデラック・エスカレード パワステハイプレッシャーホースの交換&シートの座面ウレタン抜き加工!

<工場担当S・作業レポート>

K様のお車

07yキャデラック・エスカレード

パワステハイプレッシャーホース交換&

シート座面のウレタン抜き加工。

(通称・あんこ抜き)

作業を行うため、

お預かり致しました。

CIMG0461

まずは、

エアコンハイプレッシャーホースの

交換作業です。

パワステポンプ側とパワステユニット側の

ネジを緩めてオイル漏れを起していた

ハイプレッシャーホースを外します。

DSCN8510

DSCN8511

(新品のハイプレッシャーホース)

DSCN8508

外した逆の手順で組み付けを行い、

最後に交換時に抜けた分の

パワステオイルを補充して終了です。

(パワステユニット側)

DSCN8513

(パワステポンプ側)

DSCN8512

次の作業はシート座面のウレタン抜き

加工です。

なぜこの作業を行うかと言いますと、

オーナー様がとてもがっしりとした

身体の大きい方でして、

姿勢によっては天井に頭が触ってしまう

という事で座面のウレタン抜き加工を

行いました。

CIMG0462

シートの取り付けボルト4本と

シートベルト固定ボルト1本を緩めて

シートを外します。

CIMG0444

CIMG0443

CIMG0442

CIMG0373

CIMG0374

シートの座面を土台から外しました。

CIMG0376

CIMG0377

普段は手が届かない場所なので、

掃除機で掃除していたら・・・・・。

CIMG0435

1セントコインが5枚も出てきました!

アメリカで実際に走っていたという事を

改めて実感いたしました。

(もちろんオーナー様に返しました。)

CIMG0440

シート加工を行う前と後の違いを

見て頂きます。

(加工前)

CIMG0423

(加工後)

約10センチは下がりました。

CIMG0431

シートを外した逆の手順で組み付けて

作業終了です。

K様、

以前よりも天井を気にせず運転が

出来る事と思います。

少しでも気になる事がございましたら、

お待ちしております。

この度もありがとうございました。

 

 

 

 


画面上に戻る